トイレリフォームは安い?高い?平均価格を紹介

毎日使うトイレは清潔なものがいいですよね。長年使用していれば便器が壊れてしまったり、掃除をしても汚れが落ちなくなってしまったりすることがあります。そこでおすすめなのがトイレリフォームです。気になる価格は、便座だけを交換する場合、和式から様式にリフォームする場合など、どのようにリフォームするかによって変わります。

トイレリフォームの平均価格を紹介しましょう。

トイレリフォームですっきりタンクレストイレに!メリットやデメリットは何がある?

便座だけを交換するなら比較的安い

内装も変更せず、様式の便座だけを替える場合は比較的安価でできます。便座に脱臭や暖房、温水洗浄などの機能をつけるだけなら、10万円程度です。内訳としては、工事費用が1~2万円で、あとは便座費用です。機能やメーカーによって便座費用に差が出ます。

もし、コンセントがない場合は、工事費用として3万円程度かかります。

様式便器の交換は20万円~

洋式便器を新しく交換したい、という場合は平均価格として20万円以上かかることが多いです。便器を丸ごと交換する場合、床や壁などもリフォームしたくなるものですね。その場合、工事費用が10~20万円程度かかるでしょう。

内装費用はどのように変更するかによっても変わります。タンクレストイレにした場合は手洗いなどを設置することも多く、その場合便器、手洗いカウンター、内装工事で50万円程度かかります。

和式トイレから様式トイレへの変更は大がかりな工事が必要

和式トイレから様式トイレにリフォームする場合、便器や床、壁などを解体し、設置しなければならないことが多く、大がかりなリフォームになります。平均価格としては50~100万円程度かかります。平均価格に幅があるのは、状態によって必要となる工事が異なるからです。

水洗や汲み取り式か、段差があるかないか、床材は何か、などによってかかる費用が違います。基本的な工事費用だけで20万円程度、さらにコンセントの工事、配管工事、収納やタオル掛けなどを取り付ける場合は、10~20万円プラスになるでしょう。

便器費用の割引でリフォーム費用も異なる

便器は最新のものを選べば費用も高くなりますが、リフォーム会社による割引によっても価格が変わります。通常は低下の20~40%引きですが、見積りを取ってより割引率が高い業者を選ぶことで費用を抑えることができます。

便器の費用は目安としてシンプルなもので5万円~、温水洗浄便座で10万円~、高機能・多機能トイレで15万円~といったところです。

最新式で人気のある便座がタンクレストイレです。人気の理由には、壁にくっつけて設置できるためトイレの空間が広くなる、タンクの掃除が不要でホコリもたまりにくい、トイレ掃除そのものが楽になる、圧迫感がなくスッキリとしたトイレになる、節水タイプが多く水道代の節約になるなどがあります。

ただし、手洗いカウンターなどを設置する場合は別途費用がかかることや、2階に設置する場合はある程度の水圧が必要となるなどのデメリットもあるため注意しましょう。便器の価格はメーカーや機能によって異なります。

コストを抑えたい場合は、年式にこだわらない、在庫でもいい、などといった要望を業者に伝えるといいでしょう。

トイレをバリアフリーにする場合の平均価格

高齢者がいる場合や事故などで車イスを使わなければならなくなったなどといった場合、トイレをバリアフリーにすると安全で使いやすくなります。バリアフリーのトイレリフォームには次のようなリフォームがあります。・出入り口を広くする、スライドドアにする、段差をなくす、便座の方向を変更する

・手すりをつける

・座面が上がるトイレにする

・使いやすく見やすい洗浄レバーやボタンを設置する

・力を入れなくても切れるペーパーホルダーを設置する

・アンモニア臭がしにくく、清潔さをキープしやすい床材にする

このようなリフォームをすることで、体が不自由でもトイレを楽に使えるようになるでしょう。

費用はトイレの広さや現状のトイレの状態などによって異なりますが、一般的な平均価格としては、壁の補強を含む手すりの設置は5万円程度、ドアや段差の解消、床の貼り替えは10万円~、スペースの拡張は20万円程度を見ておきましょう。

トイレリフォームを失敗しないための注意点

トイレリフォームは意外と費用がかかるものです。しかし、コストばかりに気を取られていると、せっかくリフォームをしても後悔することもあります。失敗しないためには次のような点に注意しましょう。・リフォーム後のスペースに注意

トイレは基本的にスペースが狭い場所です。スペース拡張工事をしない限り、同じスペースで空間を広く使えるようにしておく必要があります。失敗しやすい例として、リフォーム後、ドアの開閉がしにくくなった、前よりも狭く感じるようになった、などといったことがあります。

特に内開きにする際には、スリッパが置きにくくなる、出入りしにくくなるといったこともあるのでよく確認するようにしましょう。

・床材や壁はトイレに適したものをトイレはニオイがつきやすい場所です。尿が飛び散ることがあり、湿気も溜まりやすいため、ニオイだけでなくカビも発生しやすいです。リフォームをするなら、ニオイやカビの悩みが減る材質にするといいでしょう。

床や壁は耐水性が高く、掃除がしやすい素材を選ぶのがおすすめです。床の交換は考えていない、という場合でも床材の状態によっては交換をした方がいい場合があります。それは便器下の設置痕が残ってしまう場合です。状態によって、便器のみにするか、床材も交換した方がいいのか、業者と相談した上で決めるといいでしょう。

・節水・節電効果のあるトイレを選ぶ便器を選ぶ際には、節水効果や使用していない際は節電できるなど節電できるタイプを選ぶといいでしょう。特に家族が多いと節水は必要です。また、水を流した際に便器内の汚れを落としたり、汚れがつきにくい機能がついていたりする便器もあり、掃除をする際に水を使う回数が減り、節水につながるでしょう。

また、トイレ掃除も楽になりますね。・リフォーム後に詰まりがないようにするトイレが詰まってしまうと非常に困ります。便器と配管の間に勾配がないと詰まりの原因になります。基準的な勾配なども確認してもらい、水の詰まりなど故障やトラブルがないようにしましょう。

・将来を見据えてリフォーム内容を考える

リフォームをする際には、10年後、20年後を考えてリフォーム内容を検討しましょう。体が不自由になっても便利に使えるよう、手すりを付けるなど、できるだけ将来を考えた設計にすることです。